重ね着の多い冬こそワキガに注意!

脇汗のひどい夏より冬の方がニオイがするのはどうして?

汗をたくさんかく夏の暑い時期よりも、冬の方がワキガが強い気がしませんか?

 

ワキガの原因のページでもかいたように、ワキガの汗は体温調節のときにかく汗ではなく、ストレスや興奮したときに発汗したり、フェロモンとして常に出ている汗です。

 

夏や暑い季節は脇汗といっても体温調節のためにかくサラサラとした汗がほとんどです。また、このサラサラとした汗はほとんどが水でできているため、脇汗を拭くときにワキガになる汗も一緒にふき取りやすくしてくれます。そのため、夏は意外と臭わないことがあるんですよね。

 

反対に秋口から冬にかけては、気温が下がってくるので汗をかきにくくなります。体温調節のサラサラ汗はほとんどかかなくなり、ワキガのニオイの元となる汗は相変わらずじっとりとにじんでいます。

 


 

セーターやカーディガンなど厚着をすることで周りには気付かれにくくなりますが、自分では首元からワキガの空気が漂ってきたりと気になりますよね。これは、ワキガの汗がじっとりと発汗し、体温で温められた脇の下で細菌がその汗を分解して出てくるニオイです。

 

この汗はアポクリン汗腺というところから出てきますが、このアポクリン汗腺は気温などでなく、ストレスや興奮などの心理的刺激でたくさんの汗を出すといわれています。

 

上司に怒られたり、初めて会う人の前で緊張したり、飲み会などの楽しい場所で興奮したりすると出てくるわけです。

 

特に、楽しくて興奮する場面などだと大人数が集まってテンションも上がり、室内の温度も暑く感じます。そうすると、興奮してアポクリン線は刺激されワキガの原因の汗をたくさん分泌します。さらに、室内の温度が高くなって体温も上がり、細菌の繁殖も多くなって分解するベースも上がります。脇の下はいつもよりずいぶん臭う環境ですよね。

 

そして、上着を脱いだり薄着になったりすると、一気に脇の下のニオイが外に飛び出てくるので、冬の方がワキガが目立つ場合も多くなってしまいます。

 

冬こそしっかりお手入れを

冬の方がワキガが目立つ理由は他にもあります。

 

それは、冬は汗臭い人がいないということ。

 

夏だといわゆる汗臭い人(すっぱいニオイの人)も多くいるんですよね。だから、なんとなく色んな人の体臭があって、多少の腋臭は埋もれてしまえます。

 

でも、冬は汗をかく人が少ない。だから、汗臭い人がとても少なく、気温とは関係なくニオイを出してしまうわきが体質の人が目立ってしまいます。

 

また、冬は厚着をしてることが多く、夏のようにこまめに脇を拭くのが大変。どうしても長時間放置してしまいます。

 

そんな冬の季節こそ、しっかりとお手入れをしてニオイ対策をしましょう。

 

冬はあんまり汗をかかないから・・・などと、お風呂でのお手入れを手を抜いたりすることは禁物。ワキガの原因汗は夏も冬も関係ありません。

 

そして、寒くてこまめにふき取ることができない冬こそ、しっかりとデオドラントで消臭対策が必要な季節なのできちんと対策をしておきましょう。

 

関連ページ

わきがじゃないけどワキガ臭いって思ってたら・・・
私はワキガじゃないって思っていたのに、脇が臭うと気がついたあの日・・・ なんとなく苦い臭いが右脇からだけしたのが始まりです
お洋服につくワキガの臭いを予防する方法は?
なかなか洗えないジャケットやカーディガンなどについてしまう腋臭のニオイを予防するグッズについてご紹介しています。